視力回復機器のソニマックは、厚生労働省が医療機器として承認した、眼科用超音波治療機です。目に安全な低数帯域超音波による目のマイクロマッサージにより、ソニマックには視力回復・疾患治療効果があります。


目のマイクロマッサージとは低数帯域超音波によって、まるでハリ治療のように目の各組織細胞に施されるマッサージのことで、網膜の解像力の増加や、末梢神経などの組織の疲労回復等に役立ち、ソニマックによる視力回復を可能なものにしています。視力回復効果のあるソニマックに使用されている、低数帯域超音波によるマイクロマッサージは、1962年の眼科臨床試験開始からこれまで副作用の事例はなく、長期使用における安全性も実証確認されています。低数帯域超音波の投射により、投射部位の組織にゆっくり作用しながら、細胞一つ一つにマッサージを施し、組織の疲労回復・機能改善・健常化・症状回復に有効で、ソニマックの視力回復効果に重要な役割を果たしています。


視力回復機器のソニマックに使われている低数帯域超音波は、目に対する危険性はなく、従来の超音波治療器とは根本的に異なるもので、超音波治療器の目に対する使用は厳禁と言うそれまでの常識を覆し、ソニマックは画期的な眼科用超音波治療機として認知されるようになっています。

ソニマックは、視力回復をできるだけ簡単に実行したいと願っている人にとっては、非常に魅力的で便利な視力回復機器です。


毎日10分程度の使用によって、視力回復効果が得られると言うソニマックは、まるで魔法の機械のように思われているかもしれません。しかし、決して一度使ったからと言って、即効果が表れるというようなものではなく、またソニマックのみを使用して劇的に視力が回復する、と言うものでもありません。ソニマックを根気強く継続使用することが大切で、視力回復トレーニングを並行して行うと、より効果的です。


いずれにしても、効果が表れるまでには個人差があり、一定期間使用したからと言って、ソニマックに過度の視力回復効果を求めるのは間違いでしょう。むしろ、ソニマックによる視力回復の可能性は、弱い近視であればある程度期待できますが、強度の近視になるとやはりソニマックの使用のみでの視力回復は困難で、視力回復トレーニングとソニマックによる治療を同時進行させていく必要があります。


長い時間かかって落ちた視力を、瞬時に回復させられる妙薬などはなく、ソニマックや視力回復トレーニングを地道に継続することで、視力回復に努めると共に、視力の低下を助長しないような生活や行動を心がけることも非常に重要なことです。

ソニマックは視力を回復するのに大いに役立つ機器です。視力低下の原因が先天的なものでなければ、視力回復の可能性はあり、視力回復トレーニングやソニマックなどの医療機器を使用することで、効果が見られます。


メガネやコンタクトレンズを使った視力矯正は、一時的な視力の向上に過ぎず、視力の回復にはなりませんし、目の毛様体筋の調節機能が衰えてしまうことからすると、むしろ目を悪くすることにもなります。これらを改善するには、まず視力を低下させた要因を取り除くことが重要で、生活習慣を見直し、視力回復トレーニングとソニマックなどの視力回復機器を併用して治療することが効果的です。


ソニマックは視力回復効果を向上させますが、これはソニマックがもつ眼精疲労を取る効果が、有効に働いていると思われます。別名マイクロマッサ-ジャーとも呼ばれており、毎秒2万数千回の振動の超音波で目の組織をマッサージするソニマックは、目の緊張をほぐし、調節機能を回復させることで視力回復を助けています。


販売価格は7万円前後と、決して小遣いで買える金額ではありませんが、臨床検査を経て危険性も副作用もないことから、ソニマックは視力回復機器の中では、非常に人気が高いものになっています。視力回復トレーニングと併用することで、ソニマックは家庭での視力回復を望む際の非常に心強い助っ人となっています。

視力回復機器として有名なソニマックは、目の調節異常緊張や仮性近視を抑制したり、症状を軽減させるのに有効です。


目の水晶体を調節する毛様体筋が、長時間の近業によってその調節機能を低下させ、一時的な近視状態に陥るのが仮性近視ですが、視力回復機器であるソニマックの低数帯域超音波を投射することで、その症状を抑制・軽減できます。


現代社会はパソコン・ワープロなどによるVDT作業が多く、それらの作業を長時間続けることによる目の疲れが深刻で、一時的な視力低下も見られ、ソニマックは疲れ目の視力回復や、早く疲れを取りたい人には最適です。ソニマックは視力が低下し目を細めて物を見たり、長時間のデスクワークや車の運転で、目だけでなく肉体的にも精神的にも疲労がたまっている人にぴったりで、適度に体を休ませると同時に、目のケアをすれば視力の回復も期待できます。長時間の勉強や読書、テレビゲームなども目の調節緊張をもたらし、一時的な視力低下をもたらしますが、ソニマックの使用で視力の回復が可能になり、目の疲労回復にもなります。また、老眼による調節機能の低下にも有効で、ソニマックで視力回復は難しいにしても、調節機能の低下を抑制し、老眼による目の疲れの緩和には大いに役立ちます。


視力回復機器としてのみソニマックを考えるのではなく、目のケアや目の疲れの回復に利用するのも、ソニマックの有効な利用法です。

視力回復効果が期待できるソニマックは、眼科用超音波治療器のメーカーである大日技研株式会社が開発した、目に安全な治療器です。子供からシニアまで家族全員で使用でき、目にやさしい使用感は、家庭用視力回復機器として、ソニマックを一躍有名なものとしました。


その小型で軽量なボディは、ソファに座っても寝転がっても使用でき、治療と言うよりはリラクゼーション効果があるようにも思え、ソニマックの家庭用視力回復機器としての地位向上に、一役買っています。ソニマックの使い方は至って簡単、スイッチをONにし、閉じたまぶたの上に導子を軽く当てるだけで、視力回復効果が得られます。片眼1日5~15分、1日に1~2回が標準で、朝でも昼でも夜でも、また仕事中でも就寝中でも、時と場所を選ばず、閉じたまぶたと導子の間に隙間が空かないように軽く密着するだけで、ソニマックの視力回復能力が発揮されます。


ただ、一つ覚えておいて欲しいのは、最低でも1ヶ月くらいは使い続けないと、ソニマックの視力回復効果は実感できないと言うことです。ソニマックが視力回復に有効だからと言っても、使ってすぐよく見えるようになると言うことはありえないわけで、三日坊主で終わるのではなく、1日たった10分程度でよいのですから、根気よく使い続けることが何よりも大切です。

カテゴリ

月別アーカイブ

DESIGNED BY